トップページご挨拶スタッフ紹介研究成果教育目標活動報告掲載記事実習報告教室員募集リンク
情報リンク -Contents-
鳥取大学医学部 地域医療学講座
〒683-8503
鳥取県米子市西町86
鳥取大学医学部
第二中央診療棟4階
■TEL:0859-38-6660
■FAX:0859-38-6662
■E-mail:
stani@med.tottori-u.ac.jp


トップページ > 活動報告 > 重政教授の退官を迎えて

重政教授の退官を迎えて

重政教授 最後の回診・検討会・送別会にて

重政教授が第一内科を退官される日がやってきました。16年という長い期間にわたり病態情報内科学教室(第一内科)を支えてこられたご苦労は余人にはかりしれないものであったと思います。第一内科が循環器内科、内分泌代謝内科をかかえるメジャー内科である以上、先生の専門である内分泌学以外の部門を支え続けることがどれほど大変な仕事であったか。重政教授にはいろいろな思い出がありますが、とくに教育への熱意と地域貢献ということを感じます。重政先生はいつも「学生を大事にしなさい」といわれていました。診療・研究に慌ただしい私たちは学生指導がおろそかになりがちでしたが、重政先生はいつも変らぬ姿勢で学生と向き合っておられました。学生もその熱意にうたれ多くの学生が重政先生を慕って教室に集まったように思います。また、地域貢献しない大学では意味がないという理念のもと、江府町での生活習慣病調査「鳥取-江府study」やチーム医療の育成、さらには、クリクラで学生をOBの働く医療現場に連れていくなど、多くの斬新な取り組みを展開されました。これらの活動が、私が地域医療学講座に着任するきっかけとなり、教室のバックボーンとなっています。今後は、鳥取市で地域医療と医学教育に貢献されるときいています。これからも医学生・研修医の教育に情熱をそそいでいただけることを期待しております。長い間、本当にお疲れさまでした。
糖尿病医療支援チームの送別会にて
糖尿病医療支援チームの送別会にて
同上
同上