トップページご挨拶スタッフ紹介研究成果教育目標活動報告掲載記事実習報告教室員募集リンク
情報リンク -Contents-
鳥取大学医学部 地域医療学講座
〒683-8503
鳥取県米子市西町86
鳥取大学医学部
第二中央診療棟4階
■TEL:0859-38-6660
■FAX:0859-38-6662
■E-mail:
stani@med.tottori-u.ac.jp


トップページ > 活動報告 > 在宅ケア研究会に参加して

在宅ケア研究会に参加して

在宅ケア研究会に参加して

西部在宅ケア研究会にはじめて参加しました。今回は末期ガン患者の在宅での看取りというテーマでしたが、自分の家族の実体験を語られる人、ケアマネとしていかに患者家族と向き合い支えるかという経験談など、いままで診察室の中では聞けなかった内容でした。またグループワークの場でも看護師、医師、介護職など、多くの職種の方がいっしょに話をし、在宅ケアを支援していく過程で、苦労した体験や工夫したことなどをだしあいました。私は、こういう場にこそ、医学生が参加すべきではないかと強く感じました。医学生は社会から隔絶された環境で純粋培養してはいけない。医師として臨床に関わるようになれば、末期癌の患者さんや高齢で誤嚥性肺炎を繰り返す方などを診ていかねばなりません。しかし、学生時代にまったく接したこと考えたこともない世界にいきなり放り込まれると、人間は「考えない・感じない」防御壁を作ってしまいます。在宅ケアを支える社会システムを学び、従事しているスタッフの気持ちに接すること、そして死生観をいちどはまじめに考えてみること、すべてが今の医学教育に欠けていることだと痛感しました。
在宅ケア研究会
在宅ケア研究会