トップページご挨拶スタッフ紹介研究成果教育目標活動報告掲載記事実習報告教室員募集リンク
情報リンク -Contents-
鳥取大学医学部 地域医療学講座
〒683-8503
鳥取県米子市西町86
鳥取大学医学部
第二中央診療棟4階
■TEL:0859-38-6660
■FAX:0859-38-6662
■E-mail:
stani@med.tottori-u.ac.jp


トップページ > 活動報告 > 平成23年度 地域医療学講座 歓迎会 2011/4/30

平成23年度 地域医療学講座 歓迎会 2011/4/30

歓迎会にて

歓迎会にて(左から、前列:川崎、谷口、浜田、後列:尾崎、渡邉、石田)
歓迎会にて(左から、前列:川崎、谷口、浜田、後列:尾崎、渡邉、石田)
 医学部近郊で新歓を行いました(4月30日).医療従事者が活躍する姿をみて体験いただく方策について多数の意見が出されました.
6年次のみなさんから「臨床医学特論1」講義レポートに沢山の貴重なご意見をお寄せいただき,谷口教授,渡邉先生らと一字一句残さず何度も目を通しました.一人一人の声は私たちの貴重な財産です.ありがとうございました.
 専門医/総合医(志向),都会/地方(都市/郊外),臓器別/全人的などの二律背反で学生・研修医教育を論じることがよくあります.ちなみに地域医療も総合病院診療と対比され,郊外で総合医療ないしはプライマリケアを行うこととしばしば誤認されます.
専門的/総合的診療などの定義は実にあいまいで,各所で評論,論争が行われますが噛みあわないことがしばしばです.レポートを読んで感じたのは,教える側が専門医vs.総合医などにカテゴライズすることに固執しすぎるあまり学生さんの「よいお医者さん」になりたいというモチベーションと本音を把握し切れていないのではないかということです.
教官こそ学生さんに対して「語りかける」コミュニケーション能力とホスピタリティマインド(高塚先生の講義より引用)が必要であり,特に〇〇教授(部長、院長)の立場であればなおさら学生さんのことを分かったつもりでいるという考え方を捨て努力するべきと気付かされました.
 これからの約1年間を有効に活かして優れた研修医になるためのノウハウと心構えに関して考えてみました.詳細は6月22日(最終日)第2限の「症例講義」にてお話しようと思います.キーワードは3本の軸,受動と能動,念頭に置く,認定医と専門医,他です.1時間強という短い時間では全て解説できませんので,事前資料をお届けいたします.是非とも予習してきて下さい.
(浜田)