トップページご挨拶スタッフ紹介研究成果教育目標活動報告掲載記事実習報告教室員募集リンク
情報リンク -Contents-
鳥取大学医学部 地域医療学講座
〒683-8503
鳥取県米子市西町86
鳥取大学医学部
第二中央診療棟4階
■TEL:0859-38-6660
■FAX:0859-38-6662
■E-mail:
stani@med.tottori-u.ac.jp


トップページ > 教室カンファ・症例検討 > 第11回教室カンファ「ステロイドカバーについて」(2012/6/27)

第11回教室カンファ「ステロイドカバーについて」(2012/6/27)

guideline
guideline
今回は福井先生にステロイドカバーについて最新の知見を踏まえてレクチャーしていただきました。ステロイドは広く多様な疾患へ使用されており、ステロイド内服中の患者さんが手術を受ける際には常にステロイドカバーについて注意する必要があります。副腎不全に気をつけるあまり、つい多めのステロイド投与されがちですが、最新の報告では今までより少ない量が推奨されていることを初めて知りました。有効な薬剤であるとともに過剰投与は様々な合併症を生じる原因ともなり、投与量は必要最小限にすることが望ましく、大変勉強になりました。
また印象に残ったこととして経時的に推奨量が変化してきていることでした。今後も様々な報告を基に改正が加えられることが予想され、知識をしっかりとup dateする重要性を感じました。
文責 松澤和彦