トップページご挨拶スタッフ紹介研究成果教育目標活動報告掲載記事実習報告教室員募集リンク
情報リンク -Contents-
鳥取大学医学部 地域医療学講座
〒683-8503
鳥取県米子市西町86
鳥取大学医学部
第二中央診療棟4階
■TEL:0859-38-6660
■FAX:0859-38-6662
■E-mail:
stani@med.tottori-u.ac.jp


トップページ > 活動報告 > 本高善久課長の退職記念講演会に参加して(2013/3/14)

本高善久課長の退職記念講演会に参加して(2013/3/14)

退職記念講演会
退職記念講演会
この3月いっぱいで、江府町福祉保健課の課長を務められた本高善久氏が退職されることになり、江府町での本高課長退職記念講演会「心をひとつにしてー保健・医療・福祉の連携の要を担ってー」に参加しました。本高さんには、鳥取江府スタデイを開始する時から、いろいろな面でお世話になりました。臨床研究を江府町で展開する際の住民への説明や、医学生が江尾診療所で学習する際のレクチャー、そして、昨年は地域医療体験実習初日の講義で医学科4年生に「医師と行政スタッフとの連携の重要性について」を講演していただいた。その時は、江府町の保健師3名が随行し、講義の最後に保健師から医学生へのアドバイスもいただき、行政職の人たちの思いが、はじめて医学生へ伝わった瞬間ではないかと感じたものです。本高さんには、研究・医学教育を含め本当にいろいろな意味でお世話になりました。今後は、お父さんの介護をしながら、江尾診療所を支援する会を立ち上げ、地域での医学生教育にも取り組まれるとのこと。退職記念講演の中では、町村合併の悩み、武地先生との出会い、総合保健活動の展開、保健医療福祉の職種が集まれるセンター連携会議の立ち上げ、保健師増員の努力、介護老人保健施設「あやめ」の開設、地域医療研究部の医学生と地域住民のパイプ役など、実際は人には言えない苦労がたくさんあったでしょうに、各テーマをユーモアを交えて紹介され、会場が笑い声でいっぱいとなる心温まる講演でした。本高さんの温かい人柄が、これほど多くの人たちをつなぎ、総合保健活動のメッセージが江府町というチーム全体にひろがったのではないかと思います。福祉保健課には足かけ9年間勤められたとのこと。この9年間は、大学の鳥取江府スタデイがはじまり、老人保健施設立ち上げなど、本当にたいへんな時期だったように思いますが、本高課長のおかげで、研究活動を含む江府町での総合保健活動がおおいに前進したのではないかと感じています。本高さん、長い間本当にごくろうさまでした。そして、これからも医学生の地域医療教育に協力してください、どうぞよろしくお願いいたします。
文責 谷口
職員から花束贈呈
職員から花束贈呈
みんなで記念写真
みんなで記念写真