トップページご挨拶スタッフ紹介研究成果教育目標活動報告掲載記事実習報告教室員募集リンク
情報リンク -Contents-
鳥取大学医学部 地域医療学講座
〒683-8503
鳥取県米子市西町86
鳥取大学医学部
第二中央診療棟4階
■TEL:0859-38-6660
■FAX:0859-38-6662
■E-mail:
stani@med.tottori-u.ac.jp


トップページ > 研究成果 > 糖尿病医療支援チームの臨床心理学(金子先生)からの論文報告(2013/3/20)

糖尿病医療支援チームの臨床心理学(金子先生)からの論文報告(2013/3/20)

鳥取臨床心理研究、2012, vol.5, p61-66より抜粋
鳥取臨床心理研究、2012, vol.5, p61-66より抜粋
糖尿病医療支援チームに参加している臨床心理学の金子先生より論文「糖尿病医療におけるタイプ分類と物語:臨床心理学の視点」が発表された。金子先生はこの中で、糖尿病患者が糖尿病という病を受け入れ、糖尿病を人生という物語の中で意味づけていくことの重要性を指摘している。患者さんを性格パターンにあてはめ、それにあわせた指導をおこなうというマニュアル的な発想ではなく、医療者サイドも自分の性格行動特性を理解し、お互いに納得できる妥協点を模索しながら、患者さんの人生の物語の中へ糖尿病という事件を着地させていくこと、その過程全体が糖尿病指導ではないのかとの指摘は、本当に腑に落ちるものである。糖尿病療養指導だけでなく患者指導に興味を持つ人は、ぜひ一読してもらいたいと思う。
文責 谷口
鳥取臨床心理研究、2012, vol.5, p61-66 [pdf:3MB]