トップページご挨拶スタッフ紹介研究成果教育目標活動報告掲載記事実習報告教室員募集リンク
情報リンク -Contents-
鳥取大学医学部 地域医療学講座
〒683-8503
鳥取県米子市西町86
鳥取大学医学部
第二中央診療棟4階
■TEL:0859-38-6660
■FAX:0859-38-6662
■E-mail:
stani@med.tottori-u.ac.jp


トップページ > 教室カンファ・症例検討 > 第11回教室カンファレンス「肺年齢の正常限界」(2013/8/28)

第11回教室カンファレンス「肺年齢の正常限界」(2013/8/28)

肺年齢の計算方法
肺年齢の計算方法
今回は、山口先生より「肺年齢の正常限界」と題してお話いただきました。
「肺年齢lung age」という概念は、もともと禁煙のモチベーションとするために、今から30年ほど前に提唱されたそうです。呼吸機能検査値をもとに算出されるもので、呼吸器疾患の早期発見、早期治療を目的に人間ドックでも近年では用いられています。検診結果で、肺年齢+○歳、の結果を、どう説明するべきか、何歳以上だと、受診をすすめたほうがよいのか、など未確定な部分があるようです。しかし一般の方に、肺疾患について興味を持ってもらう、という意味では、ある程度意味のあるのではないか、と感じました。(福井)