トップページご挨拶スタッフ紹介研究成果教育目標活動報告掲載記事実習報告教室員募集リンク
情報リンク -Contents-
鳥取大学医学部 地域医療学講座
〒683-8503
鳥取県米子市西町86
鳥取大学医学部
第二中央診療棟4階
■TEL:0859-38-6660
■FAX:0859-38-6662
■E-mail:
stani@med.tottori-u.ac.jp


トップページ > 活動報告 > 糖尿病療養指導のための勉強会 2013 CDE leaders’ workshop in Yonago(2013/11/9)

糖尿病療養指導のための勉強会 2013 CDE leaders’ workshop in Yonago(2013/11/9)

パネルディスカッションの様子
パネルディスカッションの様子
11/3()に岡山大学の四方先生を招いてCDE leaders’ workshopを開催しました。糖尿病療養指導士(CDJ)の単位更新が山陰地区では機会が少ない事情があり、このワークショップを2006年から企画しています。チーム医療、糖尿病患者の心理、カーボカウントなど療養指導でホットな話題をテーマにしてきました。今回は糖尿病性腎症で有名な岡山大学の新医療センター教授の四方賢一先生とコメデイカルスタッフを招いて、糖尿病性腎症と透析予防について講演いただきました。50名余りの参加者があり、岡山大学病院の取り組みについて話を聞きましたが、腎症管理チームを作り腎症早期に透析予防のためのアプローチを開始すること、各病期にあわせた丁寧なパンフやDVDを準備していること、患者の待ち時間を有効に活用していること、チーム内での密接なコミュニケーションがあることなど、鳥取大学に比べてかなりしっかりとシステムやツールを準備しているなという印象でした。その後、懇親会では岡山圏域全体の糖尿病診療レベルアップのためにワゴン車でチームが出張講義にでかけていることなどの話を聞きました。なによりも医師・看護師・栄養士などチーム内の仲がとてもいいんだなと感じました。今後の鳥取県での糖尿病療養指導レベルアップにたいへん参考になる勉強会でした。隣県ということもあり、今後も情報交換を続けることができればと思います(谷口)
会場の様子
会場の様子
懇親会にて
懇親会にて