トップページご挨拶スタッフ紹介研究成果教育目標活動報告掲載記事実習報告教室員募集リンク
情報リンク -Contents-
鳥取大学医学部 地域医療学講座
〒683-8503
鳥取県米子市西町86
鳥取大学医学部
第二中央診療棟4階
■TEL:0859-38-6660
■FAX:0859-38-6662
■E-mail:
stani@med.tottori-u.ac.jp


トップページ > 活動報告 > 県西部地区の先生方と地域医療体験実習に係る意見交換会(2014/2/5)

県西部地区の先生方と地域医療体験実習に係る意見交換会(2014/2/5)

4年次地域医療体験実習に係る意見交換会が開催されました(場所:ホテルサンルート)。県医師会長の魚谷先生をはじめとする本実習ならびに1年次早期体験を受けいれてくださっている医療機関の実習指導者の皆様、16名がお越しくださいました。
辻田先生の司会進行のもと、野坂先生(西部医師会長)、辻田先生、米子医療センターの福木先生、日南病院の高見先生から、実習の概要とご意見を拝聴しました。
 その後、教室員を含む5~6名のグループに分かれ、各機関の先生方から問題点、ご要望などを拝聴しました。今までは、大学側で掲げた総論的な目的・目標をもとに個々の機関において目標、日程の作成と実施をお願いしておりましたが、実際に現地でその目的を果たせているか、現場スタッフならびに一部学生から疑問ないしは不安の声が挙がっているという指摘が最も多く出されました。何を学ぶか・学ばせるかに関して不明な点が多いことが、実習における大きな障壁になっているということです。それに対して、23年間の実施内容を基にして、各機関におけるより具体的な目標設定ならびに要望を大学の方から示すこと、さらに、学生側に臨床実習とは異なる本実習の目的、各施設の特徴を考慮した具体的な到達目標、実習への取り組み方などを示すこと、などが当学側の課題ではないかという認識が谷口らをはじめとする教室員から示されました。その他にも指導者の皆様から数多くのご指摘をいただき、心より感謝申し上げます。
 日を改めて、県東部地区の先生方との意見交換会を計画する予定です。
今年10月から、第4回の地域医療体験実習が始まります。より良い学びができるよう、各機関の実習指導者と大学教員が力を合わせて指導を行っていける環境づくりに尽力したいと思います。 (浜田)
司会進行は辻田先生に担当いただきました
司会進行は辻田先生に担当いただきました
グループワークの様子
グループワークの様子
グループワークの様子
グループワークの様子