トップページご挨拶スタッフ紹介研究成果教育目標活動報告掲載記事実習報告教室員募集リンク
情報リンク -Contents-
鳥取大学医学部 地域医療学講座
〒683-8503
鳥取県米子市西町86
鳥取大学医学部
第二中央診療棟4階
■TEL:0859-38-6660
■FAX:0859-38-6662
■E-mail:
stani@med.tottori-u.ac.jp


トップページ > 活動報告 > 北海道檜山郡厚沢部町に佐々木紀仁先生を訪ねて(2014/3/16-19)

北海道檜山郡厚沢部町に佐々木紀仁先生を訪ねて(2014/3/16-19)

地域医療体験(M4)の特別講義にきてもらっている鳥大OBの佐々木先生を訪ねて、北海道厚沢部町まで行ってきた。
厚沢部町は函館の西に位置する人口4300人の内陸のエリアである。訪ねたときにはまだ路肩や田んぼがしっかりと雪に覆われ米子より寒いところだなという印象だった。
国保厚沢部病院は、病床69床、医師3名の小さな病院だが北海道の郡部の例外にもれず医師、スタッフ不足に悩んでいる。厚沢部町から20分程度で日本海に面する江差町に出ることができる。このあたりはニシンがとれていた明治時代ははなやかな経済文化に恵まれ大変活気があったようだ。いまでも有名な姥神大神宮渡御祭(豊漁祈念)には多くの若者も参加するとのこと。
北海道厚沢部町MAP
北海道厚沢部町MAP
佐々木先生のはからいで、江差診療所の大城先生とともに在宅診療を見学させていただいた。
高齢化の進行とともに、高齢者2人世帯が増加し認知症の問題など生活自体をおびやかす問題が増えており、本当の意味で在宅医療は難しくなっている。むしろ高齢者施設での診療がこれからは重要になるだろう。グループホームの施設診療では認知症を長い間みてきた先生の思い出を話していただいた。
この江差診療所は勤医協という生協組織だが1986年に設立された際の初代所長を務めいまは2回目の赴任とのこと。住民さんと医療連携や診療所ベッドのことで長い間話し合いをつづけ、住民さんの診療所に寄せる思い、不安をひとつひとつ大事にして運営されている姿勢、近くの道立江差中央病院の小児科医を守るために若いお母さんに向けて子供の病気のことや不安を調査し、対処法を啓発するなど地道な地域活動に努力されてきた姿、地域に密着して医療を続けてこられた姿に頭の下がる思いであった。
勤医協江差診療所の大城先生と
勤医協江差診療所の大城先生と
 北海道の医療問題は、もちろん都市郡部の医療格差が大きく、その郡部の面積が巨大であることに由来している。しかも、各市町村は国保直轄の病院を備えるが医師がこないために、首長は医師確保のために奔走せねばならない。エリア別に考えると、市町村単位で競争するのではなく、中核病院を基点にして周辺中小病院のベッド配分や病院規模のスリム化をおこない少ない医師資源を有効活用する方策を探るべきではないかと感じる。しかし、医師確保は当地の政治課題となってしまっている現状では、自分の町の医療機関を縮小しようとする首長は選挙で負けてしまうため、そのような動きもなかなか難しいようだ。住民の希望や不安、それにどう対応すべきかという行政手法など、いろいろな問題が錯綜しているようにも見える。
渋田町長(厚沢部)を囲んで
渋田町長(厚沢部)を囲んで

渋田町長のお話では、厚沢部町は農林業で豊かな土地で四方に温泉があり土地の地温が高いために鹿児島で作る黄金千貫(さつまいも)、じゃがいも、アスパラガスなど、そして北限としての檜を使った林業など、農林業の底力がある土地であるとのこと。総務省のプロジェクトで農業を学びたい若者を招いて指導をおこない継続を希望するものには支援していくとのこと。すでに関東エリアから8名が入植しているらしい。厚沢部で暮らす人を支える医療という仕事を選んだ佐々木先生の話を聞きながら、いつか学生たちを連れてここに来てみたい、地域医療だけでなく厚沢部の特徴である農林業に従事する人たちとも交流できるような、そんな企画ができたらおもしろいと思っている。
もうひとつ感じた点は、隣り合う町立病院ですら互いの交流や情報交換がほとんどなく、いずれも孤立してがんばっている印象がぬぐえない。もっと横のつながりを強化して、みんなで課題を共有して一緒に解決しようとする仕組み作りも大事であるように思った。

慌ただしい4日間であったが、鳥取県とはまったく違う北海道の医療状況を視察できたことは、本当に良い経験になったと思う。佐々木先生がこれからしっかりと厚沢部の地域医療を作っていかれることを期待している。(谷口)
国保厚沢部病院の前で
国保厚沢部病院の前で
大城先生・佐々木先生といっしょに住民さんのお宅で歓待
大城先生・佐々木先生といっしょに住民さんのお宅で歓待
あわびの養殖場(八雲町)
あわびの養殖場(八雲町)
小さい?ヒグマの剥製
小さい?ヒグマの剥製
宿泊した俄虫温泉の前で
宿泊した俄虫温泉の前で
国保厚沢部病院の前で
国保厚沢部病院の前で
延々とつづく道路、矢印は路肩の位置を示す
延々とつづく道路、矢印は路肩の位置を示す
土方歳三最期の碑(函館市内)
土方歳三最期の碑(函館市内)