トップページご挨拶スタッフ紹介研究成果教育目標活動報告掲載記事実習報告教室員募集リンク
情報リンク -Contents-
鳥取大学医学部 地域医療学講座
〒683-8503
鳥取県米子市西町86
鳥取大学医学部
第二中央診療棟4階
■TEL:0859-38-6660
■FAX:0859-38-6662
■E-mail:
stani@med.tottori-u.ac.jp


トップページ > 活動報告 > 「プライマリケアエコー使いまくりセミナー」に参加してきました!(2014.06.22)

「プライマリケアエコー使いまくりセミナー」に参加してきました!(2014.06.22)

6月22日山梨市立牧丘病院古屋聡先生が主催された「プライマリケアエコー使いまくりセミナー」に参加してきました.
弘前大学総合診療部小林只先生「これ1本で全身検索 ポケットエコー/ふつうのコンベックスプローブ」,城東整形外科皆川洋至先生「指先をプローブにかえて 解剖学書を3Dで旅する整形外科エコー」,隠岐島前病院白石吉彦先生「あなたをプライマリケアスキルの達人へと導くエコー/処置」の三本立ての企画となっていました.
小林先生からは,ポケットエコーをどう使いこなすか,鮮明でないエコーでも活用方法によっては,非常に役に立つものだということを学びました.皆川先生からは,今まで自分が考えもつかなかったエコーの可能性を感じることが出来ました.白石先生からは,エコーを処置に活かし,質の向上を目指し続けていることを感じました.
まず,エコーは非侵襲的なものであり,ここでもどこでもまずは当ててみようと思いました.冒頭に司会の古屋先生が,「エコーはもう検査ではない,聴診器と同じように診察の一つで,一人に一台の時代がもうすぐ来る.」と言っておられました.その時代についていけるように,エコーを使い続けていきたいです!!! (井上)