トップページご挨拶スタッフ紹介研究成果教育目標活動報告掲載記事実習報告教室員募集リンク
情報リンク -Contents-
鳥取大学医学部 地域医療学講座
〒683-8503
鳥取県米子市西町86
鳥取大学医学部
第二中央診療棟4階
■TEL:0859-38-6660
■FAX:0859-38-6662
■E-mail:
stani@med.tottori-u.ac.jp


トップページ > 研究成果 > 平成26年度鳥取大学地域貢献支援事業の報告

平成26年度鳥取大学地域貢献支援事業の報告

健康診査に基づく腎機能判定ならびに慢性腎臓病の経年変化に寄与する要因と医療・保健・福祉への活用(浜田)

以前から,慢性腎臓病(CKD)患者の多くは無症状のままで心血管疾患発症および死亡のリスクとなることが広く知られるようになった(文献1).その一方で,メタボリックシンドロームの早期発見を目的とした特定健康診査が改訂され,必須項目から血清クレアチニン(Cr)が外されていた.そこで,鳥取県江府町では,江府町国民健康保険が行ってきた特定健康診査(40歳~74歳対象)において血清Crによる腎機能検査を継続実施し,後期高齢者にも平成22年度から腎機能検査が復活してほぼ同等の健診を提供されてきた.また,生活習慣病,CKD,心血管疾患,などと広く関連する血清尿酸(UA)の意義も重視し,ほぼ全ての受診者に対して測定を継続してきた.
昨年度の本事業では,平成24年度の健診における腎障害患者数とその内訳ならびに規定因子,さらには経年的腎機能低下に関する規定因子に関して検討した.その結果,貧血が腎障害ならびに腎機能経年悪化の一因であることが示唆されたが,全体の半数近くを占める後期高齢者において腎機能経年悪化を検討するには年数,測定回数が不十分であり,受診者が保有する疾患,心電図異常などを考慮した因子分析も十分になされていなかった.また,毎年腎機能と血清UAを測定したことがリスクの高い住民を検出するために有意義であることの傍証となる知見を得る必要がある.特に,受診者の過半数を占める高齢者は,すでに生活習慣病と臓器障害を有し多病であることから高尿酸血症を合併しやすいと考えられるが,高齢者における高尿酸血症の頻度と特徴に関して十分に知られていない.
そこで,本事業では,
1)平成25年度の健診データに基づくCKD保有率ならびに経年的腎機能変化の把握を行い,それぞれにおいて受診者の背景ならびに血清UAをはじめとする健診データとの関連を明らかにする.
2)高尿酸血症患者の年齢層別の頻度を明らかにし,各年齢層における血清尿酸値の規定要因を検討する.
3)こうして,同一住民に対して繰り返し施行された健診データの経年変化を各住民の健康維持に活かす方策に関して提案を試みる.
4)要指導・要医療とされた健診結果の医療現場における活用現況に関して検討を行う.
浜田准教授 H26地域貢献支援事業報告書  [pdf:201KB]

中山間地の基幹病院における入院患者の退院支援に関する調査(福井)

日野病院は、鳥取県西南部の中国山地の山間に位置する日野郡日野町の公立病院で、一般病床99床、常勤医師8人(内科4人)で、平均在院日数は26.4日(平成23年度)であり、全国類似医療機関平均23.6日より長期入院の傾向がある。現在、日野病院における退院支援は、定期的なリハビリカンファレンスにより、医師、看護師、理学療法士、MSWが情報共有するとともに退院に向けての方針を決定し、退院前には、さらに患者家族やケアマネージャーも参加し、退院調整および情報共有が図られている。医療上の判断の他に、患者背景等に基づき、退院困難症例を抽出し、カンファレンスを頻回に実施することで退院困難症例に対応している。多くの症例では、適切に退院支援が実施されているが、中に長期入院を要している退院困難症例が散見されており、これらの症例について検討することで、同院の退院支援において解決すべき問題点を明らかにし、対応策を検討する。さらに退院困難症例の抽出ツールを考案し、今後の退院支援に役立てる。同院の検討を通して、広く中山間地の基幹病院における退院支援について応用できることが期待される。
福井講師 H26年度地域貢献支援事業報告書 [pdf:268KB]

中山間地における大腸がん検診の課題(渡邉)

大腸がんの年齢階級別死亡率は、特に50歳を超えると急激に増加するため、高齢者の多い地域では大腸がんの診断・治療は重要な課題である。一方、山間部の過疎地域には医療機関が少なく医師も少ない。日野郡日南町は島根県・広島県・岡山県との県境の山間部に位置する、人口5000人で高齢化率が45%の自治体である。町内に内視鏡検査を行える医療機関は町立日南病院1ヶ所のみで、町外へ出る移動手段のない高齢者も多い。そのような背景を持つ日南町で大腸がんの診断はどのような経緯で行われているか、大腸がん検診と日南病院の大腸内視鏡検査の両面から調査した。
渡邉助教 H26年度地域貢献支援事業報告書 [pdf:840KB]

中山間地における糖代謝異常者への介入効果の検証:鳥取-江府study(松澤)

鳥取県日野郡江府町は脳卒中による死亡率が全国平均の3倍と高く、H14には国保高医療費の重点地区として医療費改善計画を提出した。とくに脳卒中患者の医療費を減らすことは重要な課題であった。鳥取大学医学部はH17年度から生活習慣病実態調査(鳥取-江府study)を開始し、糖尿病予備群など動脈硬化ハイリスク者を抽出し江府町福祉保健課・江尾診療所と連携して、運動教室・動脈硬化予防外来などの介入をはじめた。H25年で介入10年目となった。10年間にわたる介入効果の検証をおこなう必要があり、介入効果の指標としては平成25年秋~平成26年3月に施行した糖負荷試験を過去のデータと対比して検証する。
松澤助教 H26年度地域貢献支援事業報告書 [pdf:114KB]