トップページご挨拶スタッフ紹介研究成果教育目標活動報告掲載記事実習報告教室員募集リンク
情報リンク -Contents-
鳥取大学医学部 地域医療学講座
〒683-8503
鳥取県米子市西町86
鳥取大学医学部
第二中央診療棟4階
■TEL:0859-38-6660
■FAX:0859-38-6662
■E-mail:
stani@med.tottori-u.ac.jp


トップページ > 活動報告 > 『鳥取大学教育研究・事業成果報告会 』で報告 (2015/02/09)

『鳥取大学教育研究・事業成果報告会 』で報告 (2015/02/09)

2月9日(月)に、米子コンベンションセンターで行われた、鳥取大学の地域志向教育研究と地域貢献支援事業の報告会に参加し、平成25年度に日南町と共同して行った「中山間地における大腸がん検診の課題」について渡邉が発表しました。
 日南町の大腸がん検診と精密検査、日南病院で行われた大腸内視鏡検査を調査し、日南町は大腸がん検診の受診率は鳥取県平均より低いものの、日南病院で検診未受診者に便潜血検査を積極的に行うことで癌を拾い上げていることや、精密検査の受診先としては日南町(日南病院)が4割を占めていること、日南町のデータを用いて日南町民むけに大腸がん検診の啓蒙ポスターとチラシを作成して対象者全員に配布したことなどを報告しました。
 この調査は26年度も引き続き行っています。前年度の調査で検診や精密検査を受けたくない理由として「内視鏡が苦しいと聞いた」という意見があがったことを踏まえて、胃カメラと大腸カメラの苦痛を減らすための手技や介助についての勉強会を行っていること、平成26年の日南病院での大腸内視鏡検査が前年までの1.3倍に増加したことなどを報告しました。今年度も啓蒙チラシとポスターを作成して全対象者に配布する予定です。
 日南町の保健師さんからは、がん検診の方法や受診率を上げるための取り組みについて報告いただきました。町の保健センターや町立病院は地域住民との距離が近いメリットを生かして、町の健康作りに役立てるよう努力しています。
(渡邉)
「中山間地における大腸がん検診の課題」について発表した
「中山間地における大腸がん検診の課題」について発表した
H25年度啓蒙チラシ(参考)
H25年度啓蒙チラシ(参考)