トップページご挨拶スタッフ紹介研究成果教育目標活動報告掲載記事実習報告教室員募集リンク
情報リンク -Contents-
鳥取大学医学部 地域医療学講座
〒683-8503
鳥取県米子市西町86
鳥取大学医学部
第二中央診療棟4階
■TEL:0859-38-6660
■FAX:0859-38-6662
■E-mail:
stani@med.tottori-u.ac.jp


トップページ > 活動報告 > 「地域推薦枠医学生の卒前・卒後教育をどうするか?~地域推薦枠医学生・医師の教育・キャリア形成に地域医療支援センターが果たす役割」に参加してきました~(^^) (2015.02.20)

「地域推薦枠医学生の卒前・卒後教育をどうするか?~地域推薦枠医学生・医師の教育・キャリア形成に地域医療支援センターが果たす役割」に参加してきました~(^^) (2015.02.20)

平成27年2月20日,「地域推薦枠医学生の卒前・卒後教育をどうするか?~地域推薦枠医学生・医師の教育・キャリア形成に地域医療支援センターが果たす役割」というシンポジウムに参加してきました.10年,20年,30年先を見据えてのキャリア形成を考えていくことが求められているのだなあと改めて感じました.パネリストの方々は,「主体的」という言葉をよく使っておられました.ここはとても重要なことで,地域枠の学生さんや医師だけのことではないと思います.できるだけ主体的に自分のキャリアを形成していくことができるように,話し合いの場に当事者を参加させたり,方針を決めているところもあるようです.また,2017年度から始まる専門医制度も大きな話題の一つでありました.地域枠の先生方が義務修了後にちゃんとその後のキャリアが形成できるように,その制度設計・提案をしていく必要はあると思います.将来的に派遣人数が多くなってきたときには,医療機関単位ではなく,専門医の研修プログラムに派遣するという案も議論に出て,それはいい案ではないかと思い,実現するためには行政の皆さんとの調整もやっていきたいです!
主な話題
(1)地域医療センターが果たす役割とは?
(2)専門医制度がどうなるかで,いろいろ変わるか?
(3)将来的に,派遣する人が増えたときは,研修プログラムに派遣するという手はいい手かも?
(4)育休を取ることは急峻なカーブをなだらかにするかもしれない.
(5)主体性を持たせるために,話し合いの場に参加させている.
(6)1分間スピーチ!会を盛り上げるいい場になるかもしれない.
(7)なるべく,みんなが納得するように!
(井上)