トップページご挨拶スタッフ紹介研究成果教育目標活動報告掲載記事実習報告教室員募集リンク
情報リンク -Contents-
鳥取大学医学部 地域医療学講座
〒683-8503
鳥取県米子市西町86
鳥取大学医学部
第二中央診療棟4階
■TEL:0859-38-6660
■FAX:0859-38-6662
■E-mail:
stani@med.tottori-u.ac.jp


トップページ > 活動報告 > 日野中学校で命の授業を行ってきました(2015/06/17)

日野中学校で命の授業を行ってきました(2015/06/17)

6月17日、日野中学校1年生約30名を対象に「命の授業」と題して授業を行ってきました。保健体育の授業の一環で思春期の到来に伴う体の成長発達(二次性徴)や性に関する情報など社会性の高い内容も含めて話をしてきました。
中学生は素直で積極的な生徒が多く、講義も興味を持って聞いてくれたのではないかと思います。

日本の性教育は戦後、純潔教育(性教育を道徳教育として捉え、婚前交渉などに対して否定的なスタンス)が行われ、平成に入ってからは避妊や性感染症の指導が積極的に加わるようになったと言われています。しかし近年は過剰な性教育として一部で「行き過ぎた」性教育も指摘されています。
いずれにしても今回の授業では、性に関することを過剰に美化したり、また汚らわしいリスクばかりのものと忌み嫌うことなく、性に関する知識や考えを深めてほしいと思って話しました。中学生の現状に合わせつつ、しっかりした大人になっていくためのステップとして性教育をどう位置づけるのか、指導する側としても勉強になりました。多感な中学生のニーズを満たし、かつ教育上必要なことを教える難しさも感じました。

総合診療においては外来で診断治療をしたり、院内のチームビルディングをするだけでなく、「ゆりかごから墓場まで」地域に出て活動することが求められます。日野病院の総合診療医の専門は、「あらゆる症状の患者さん」だけでなく、「日野という地域」そのものなのです。
(朴)