トップページご挨拶スタッフ紹介研究成果教育目標活動報告掲載記事実習報告教室員募集リンク
情報リンク -Contents-
鳥取大学医学部 地域医療学講座
〒683-8503
鳥取県米子市西町86
鳥取大学医学部
第二中央診療棟4階
■TEL:0859-38-6660
■FAX:0859-38-6662
■E-mail:
stani@med.tottori-u.ac.jp


トップページ > 活動報告 > 第6回大山交流合宿を学内で開催しました(2016/11/19)

第6回大山交流合宿を学内で開催しました(2016/11/19)

学生提案のユニークな学習プラン
学生提案のユニークな学習プラン
 定例の地域枠(医学科1、2年、保健学科看護専攻2年)対象の大山交流合宿を行いました。
以前から合宿の目的は所属を超えた交流であり、大学を離れた地にて学生主体で行うのは効果的と考えられました。多くの時間を大山で遊び、飲み、語り明かすのが主体でしたので、「楽しかった」いう参加者が多い一方で、「大山で一泊する必要は?」という指摘があり、「会場が寒く体を壊した」という指摘もみられました。また、例年講演、グループワークで取り上げる内容が、現場感覚と医学知識に関してはこれからの学生にとっては難しいものだったと思います。
充実した笑顔
充実した笑顔
 ことしは諸事情が重なって、大山ではなく大学の記念講堂と講義室、合宿ではなく宿泊なしの丸一日で、晩秋の11月後半に開催しました。このように今年は大山で合宿しないことを好機と捉えて、内容をより身近なものとして充実させないといけないと考え、学生と繰り返し打ち合わせをしました。その結果、自分が学生時代に経験したいことを共有して、地域枠の学生として学生時代にやりたいことを県の職員の方々や教員にプレゼンしてもらうことをグループワークのゴールとし、その前に朴医師には学生時代から現在までを振り返りながら基調となる講演をしてもらいました。実行委員の期待に参加者は十二分に応えてもらい、今回初めて、参加学生はもちろん、看護学科の南前、池田先生をはじめとする大学の教員、そして藤井先生、植木さんをはじめとする鳥取県庁医療政策課の皆さんにとって興味深く、大いに参考になるアイディアをまとめることができました。
 今回の実行委員は体調の優れない人もいる中今まで以上に頑張っていただき、素晴らしい仕事をしたと思います。今回の成果をクラブの大会などがこの日に集中して、やむなく出席できなかったみなさんにもぜひ伝えたいと思い、今回行われた内容を冊子にまとめました。是非とも目を通し、フィードバックを下さい!
(浜田ならびに実行委員,スタッフ一同)

第6回 大山交流合宿in 医学部記念講堂 実施内容(速報) [pdf:2MB]