トップページご挨拶スタッフ紹介研究成果教育目標活動報告掲載記事実習報告教室員募集リンク
情報リンク -Contents-
鳥取大学医学部 地域医療学講座
〒683-8503
鳥取県米子市西町86
鳥取大学医学部
第二中央診療棟4階
■TEL:0859-38-6660
■FAX:0859-38-6662
■E-mail:
stani@med.tottori-u.ac.jp


トップページ > 活動報告 > 「第7回中四国地域医療フォーラム」に参加・発表(2017/2/24-25、徳島)【1】

「第7回中四国地域医療フォーラム」に参加・発表(2017/2/24-25、徳島)【1】

グループワークの発表スライド作り
グループワークの発表スライド作り
 年1回、中四国大学の地域医療関連講座、病院・行政の医療人材支援部門、大学生、卒後医師が一堂に会して行われる「中四国地域医療フォーラム」が、徳島市で行われました。昨年、米子市で卒前地域医療教育を取り上げました。今年はさらに発展させ、卒前から卒後にかけて地域医療への情熱を高めていくシームレスなシステムづくりが主要テーマでした。
25日の本会では、最初に当学も含む9県から標記に関する事例、取り組みの発表がありました。添付は、小生が当学の取り組みを発表したものです。内容としては、計画から実施を始めた段階であり、私らの希望(夢)も含まれています。
鳥取県からの報告 [pdf:838KB]
人とシステム
人とシステム
 その後、8班に分かれ、参加した学生、研修中の医師の事例から有効な方策に関して導き出すためのグループワークを行いました。家庭医療専門医研修専攻医の紙本医師の班と私の班では、「人」とそのつながり、さらに、私の班では学生に役割を与えて参加させる「システム」づくりが重要であることが挙げられました(写真)。司会の徳島大学田畑先生からも、人(ロールモデル、メンター)との出会いを断らずについて行くといいことがある、というコメントがありました。
朴医師からは自らの卒前・卒後の経験から考えられる解決策に加えて、今後5年生にも必修化で行う外来実習(日野病院)に関する説明がありました。紙本医師も自身のワークライフバランスの経験を発表の中で触れましたが、参加者の多くの関心事であるからか、多くの質問が飛び交いました。また、谷口教授からは、先日の大山交流合宿から、「場をきちんと設定すれば、学生からはいろいろなユニークな意見が出る。決して興味が乏しいわけではない」という発言がありました。
宿泊したホテルにて(鳴門公園)
宿泊したホテルにて(鳴門公園)
 今回も、参加者からの貴重なアイディアがとても参考になりました。さらに、徳島大学の谷教授をはじめとするスタッフの皆さんが日頃取り組んでいらっしゃること、リーダーシップ、学生・研修医との関係性など、いろいろと感銘をうけることが多かったです。入試などの行事が重なる中、会の運営は大変だったと思います。いろいろとお世話になり、ありがとうございました。
来年は山口大学が担当となります。よろしくおねがいいたします。
(浜田)